水の波紋

離型剤のタイプによる特性の違いを比較してベストなものを選ぼう

一斗缶

シリコンやゴムの製品を扱う仕事では、ルーチンの成形業務で使う離型剤は、現場にとってなじみの深い仕事道具の一つでしょう。しかし、製造業においては、市場では常に同業他社との競争ですので、より優れた仕事道具を探し続け、コストを抑えて生産性を上げる努力を継続的に行っていかなければなりません。
もし、現在、ワックス系の離型剤を使用しているのなら、一度見直しをして、フッ素コーティング剤を使った離型剤を試してみるのがおすすめです。ワックス系離型剤に長いこと馴染みがある場合、その不便さも当たり前になってしまっていて、切り替えという発想が出てこない可能性もあります。例えば、フッ素系の離型剤は、ワックス系に比べると、成形物に殆ど付着しません。ワックス系離型剤で成形・離型作業を行っているところでは、成形物の洗浄がルーチン業務の一つになっているのではないでしょうか。フッ素系離型剤に切り替えれば、その工程一つ、成形のプロセスから省くことが可能です。離型剤が成形物に付着して移行しない分、金型に多く残っている離型剤の働きで、ワックス系よりも効果の持続時間が長いことも大きなメリットです。
このように、ワックス系に比べて、色々とお得な面があるフッ素系離型剤、是非試してみてはいかがでしょうか。

便利で快適な生活を支える製品を作るのに役立つ離型剤

フッ素コーティングという加工技術について耳にしたことがある人は多いでしょう。しかし、それが何に使われている技術かという点については、人によって大きく認識が異なるかもしれません。というのは、フッ素コーティングの技術の応用範囲は非常に広いためです。中でも、我々の生活に非常に有意義な応用方法として、ゴム製品やプラスチック製品を製造する過程での離型剤としての使用が挙げられます。
我々の生活は、今や、ゴムやプラスチックの製品なしには回らないと言ってもいいくらい、こうした製品は生活の隅々まで浸透しています。製品としてだけではなく、部品としても大活躍しているため、産業界にも、ゴムやプラスチック製品なしには仕事を続けることが難しい業種が多いでしょう。そうした製品を製造する過程には、成形という製品に規格に従った形を与える段階がありますが、そこで欠かせない道具の一つが離型剤です。そして、離型剤には、フッ素コーティングの技術が生かされているのです。
フッ素コーティングの際立った特徴の一つに、非粘着性があります。この性質が、製品の成形過程で、プラスチック製品やゴム製品を金型から上手く取り出すのに役立っています。
現代の便利な生活を支えてくれる各種の製品は、フッ素コーティングの技術を生かした離型剤の存在に支えられていると言えるでしょう。

多彩な機能を持つフッ素コーティング剤は離型剤としても最適

撥水性、撥油性、防汚性、すべり性、そして、非粘着性。これらは、すべてフッ素コーティング加工によって得られる効果です。そのもの自体は、こうした特性を一切持たないにも関わらず、フッ素コーティングによって表面を加工することで、こうした特性を新たに獲得することが出来ます。
ゴムやシリコンの製品を成形するプロセスで使用される金型も、もともとは、こうした特性は何も備えてはいません。しかし、フッ素コーティング剤を使った離型剤で表面を覆うことによって、このような一連の性質を一気に持つようになります。その結果、ゴムやシリコン製品の製造工程に、多大なプラスの効果がもたらされます。
フッ素系離型剤を使うと、まず、強力な非粘着性とすべり性によって、成形物を難なく金型と分離出来ます。成形の失敗発生率が著しく低下するため、コストダウンと生産性の向上に大いに役立ちます。また、防汚性という性質により、金型が汚れにくくなります。成形終了後の金型の洗浄にかかる労力と時間を削減することが出来、こちらは人件費を浮かせるのに役立ちます。
フッ素系離型剤を使うことで、ゴムやシリコンの製造過程の効率は大幅に改善出来、また、製造のトータルコストも下げることが出来るでしょう。

ピックアップ

コンテンツ一覧

SITE MAP